手続きの経過

小説…『世界』他
学術書…『物理学』
購入は以下のリンク(Amazon)から
https://amzn.to/2MdMyc0

「最近までストーカーから逃げられず」とあるが、まだ終わったわけではなく、今でも彼らの寄生行為は続いている。私がデビューすると同時に四次元の通信が切れるのを待たなければ、この状況は終わらない。

 狂人と言い争ったって全部水掛け論で、自分も狂人みたいに見えるに決まっている。まともな環境で成功が得られりゃいいんだよバーカ。

 日本人と関わっていたら、誰でもどんな有能な者でも馬鹿に見えることだろう。だってこいつらは卑屈な嫉妬感情から他人を害しておいて、咎められてもアスペこじらせて「理屈なら絶対負けない。譲らない」だもん。「俺たちから見たらお前が悪に見える」「お前だって同じだ」。どうしたって幼稚な言い争いにしかならねえよ。ゆえに彼らのような頭では、私を含めて関わる者全員を低レベルな生き物として見下し、「なんだよ。あいつだけ調子に乗って活躍しやがって」と妬みを抱くのも無理はないと言える。自分たちが頭悪いだけなのに、全員が馬鹿に見えるんだろうな。

 島田の演説(っぽいセリフ)は要するに「卑屈な嫉妬感情の正当化」であって、だから日本人の支持を得られる。そう説明しときゃ分かりやすかったわ。

 彼らのことを名指しで批判したところで、彼らにはこの三次元世界の生活などないわけで、私に見られているところだけその生活があるかのように装っているに過ぎない。彼らは名前を出されてもすぐに転生して別人になりすますことができるのであり、名指しの批判にはあまり意味がない。

日本人というのは、複雑な情報を処理する能力がなく短いフレーズを記憶する能力に長けているだけである。記憶は不快なものほど強く残るので、自分が言われた不快な言葉を短いフレーズにまとめて他人にぶつけるのが彼らの得意技であり、それをすることで不幸な自分たちの人生に対する劣等感と他者への嫉妬心を慰めることをしばしば行う。はじめから脳が正しくない理由で他人を攻撃するようにできているのであり、これは社会的に有害な障害者の思考でしかない。

 「土人の発想しかできない愚図が偉そうに他人に理屈を吐くな」としか言いようがない。彼らはただ形式を偽るだけで、実際には法やルールの意識など何もないのだから、他人に善や正義や法と言った社会的な観念を語っちゃいけない。分かってねえ奴が偉そうに喋るな(というとこいつらは、「お前が言うな」と返してくるのだが、私は文明人だよ。虫けら。文明の開拓もできねえ未開の猿が、文明を語るなって話。分かる?)。

「表ではお人好しを演じて〜」のくだりは、誰の思考について述べたものであるかが判然とせず、文意が取りにくいが、要するに「お前が不正な策略をするならこちらもどこまでもえげつないやり方で営業をすることになります。人権のない寄生虫が暮らすだけの疑似的な社会において、これは人間である私の持つ当然の権利として認められます」ということである。

大学では俺が出来の悪い試験答案に甘い成績を勝手につけられて後ろめたかったから、次はそういうことがないように努力して良い点を取ったら、今度は「出来が良すぎるからこれは不正に違いない」とほのめかされてしまった。「お前がどんな手を打っても、こちらはそれを上回ってお前を犯罪者に見せかけられる。俺たちの不正を暴こうとして、自分の正当性を示そうとするような卑劣な真似は許さない」ということだろう。まあだから、要するにこいつらはこういう生き物だということだ。それをお前らがすげえことだと思うなら、すげえんじゃねえの。お前らの中ではな。

保坂和志の『季節の記憶』はいかにもアスペが書いた下手な作品で、場面が場面として機能しないまま臨場感のない作者の語り、というか知識のひけらかしになってしまっている。どうせ下手だと言われるのは確定しているから、わざと下手に書いて「これは仕様です」と言い張りつつ、ドストエフスキーやプルーストの作品の価値を偽装しようとしたのだろうが、その場しのぎ的でくだらやい。ドストエフスキーやプルーストも文章に文脈がないせいで、語りや描写に臨場感がないのは変わらない。描写について言えば、部屋や教会内の景色の描写などについて、一読して景色がイメージできないくらい文章が下手である。だから何度も読み返して自分の頭の中で情報を構造化せねばならない。文脈のない文章では、こういうことが起こる。

 ※彼はどうせ身内を恫喝してヤクザの人情話でもさせるのだろうが、そんなものは外向きのポーズでしかない。自分ではリーダー気取ってカネ盗んで周りに貢献したつもりでいたのに、そのパワハラ体質の人格の醜さと卑劣さと気持ちの悪さと粘着質の面倒臭さから、やがて周り全員からの信用を失い、人々に蔑まれながら一人で犯罪を繰り返して、カネを集めてくる作業員でしかなくなってしまった。そうして周りに散々利用された挙句、一人で罪を背負って誰よりも重い拷問を受けることになり、一人惨めに最後の最後まで死ねずに地獄でのたうち回ることが確定しているものだから、彼はもう罪が増えることも何も関係なく世界の全員を恨みに思ってばれないようにヤケクソで犯罪を繰り返しているのである。所詮、歪んだ人格の嫌われ者はどんな立場に身を置いても嫌われ者であり、権力使って周りを虐めたところで、全員に虐められて泣かされることになるだけなのである(その惨めな人生を政府や周りのせいにされても困る。そんなもん知らねえよ。こいつの醜さの責任なんて誰も負わねえわな。彼は制度の穴をついて狡猾に犯罪を遂げたつもりが、自分でその穴に落っこちて誰にも救いようのない醜い化け物になって身悶えしている気持ちの悪い寄生虫でしかない)。
こんなモブキャラの底辺の屑野郎が、不正してのし上がって周りに偉そうにしていたと思うと、「何だかなあ」と思われて仕方がない。彼の中では彼は主役で、「俺にもチャンスがあっていいはずだ。俺が勝てる可能性はないのか」と考え、そのためにシャカリキになって犯罪を繰り返しているのだろうが、身の程を弁えないその姿は情けない。そりゃ恥で自殺したくもなるわ。こいつのことだから口先で「死にたい」と言って周りの関心を引こうとしているだけなのだろうが、それも含めて恥ずかしい。よく生きてこられたなあ。そんな奴だから、犯罪に縋るしかねえわけだ。彼は周囲への虐待によって自分の権力を誇示して劣等感を慰めることで醜く生きてきた。自力で何かをする能力があったらそんなことをせずにいられたのだろうが、彼は「何もない」生き物だった。全てにおいて凡庸の域にすら届かない、才能も魅力のかけらもない虫けらでしかなかった。こちらの世界では普通を装っていたが、与えられた情報を一つ一つ構成し、ここまで醜い犯罪人格が生じるに至った経緯を考えれば、彼は虫けらでしかないことがよく分かる。自分の思考を絶対化し、「俺はチビで無能で陰湿な害悪の寄生虫に生まれてしまった」という悲しみを世間にぶつける醜い生き物。被害を受けた者たちは「そんなこと知らねえよ。てめえの個人的な不幸を理由に他人に被害を与えるな。さっさと罪償え虫けら。地獄に落ちろ」としか思わない。
大東(三島由紀夫、村上春樹、トマスピンチョン)もそうである。もちろん服部志郎(=グロ山)が私に対して行った嫌がらせは、将来自分の盗癖を暴かれることに対する仕返しである。このように、彼は自分の罪を免れるために他者を蹴落とそうとする性質があるのであり、ただ犯罪を行う者よりもよほどタチが悪い。生きている限り、多方面で不正を繰り返し、社会に害悪を撒き散らす真性の愚図である。

投稿者: 林洋佑

小説…『世界』他 学術書...『物理学』 購入は以下のリンク(Amazon)から https://amzn.to/2MdMyc0

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。